佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とはどんな病気か?

ganmen-img-01

 

顔面神経麻痺は、大きく末梢性中枢性に分類されます。

末梢性の顔面神経麻痺は病変の部位によって顔面筋の運動麻痺知覚障害自律神経障害などを起こします

  1. 鼓索神経分岐より末梢、茎乳突孔付近での病変では顔面神経運動枝の完全麻痺が起きる。病変のある側で、額のしわ寄せができない、目をつぶれない、歯をむけない、口がすぼめない、また眼裂がひろがる、鼻唇溝(唇と頬の間にある溝)が浅くなる、口角が下がるなどの症状が見られる。患側では角膜反射が消失するが、角膜の感覚は保たれる(感覚は三叉神経支配のため)。
  2. 膝神経節よりも末梢、鼓索神経分岐よりも中枢側に病変があると、上記の症状に加えて舌の前3分の2の味覚が障害され、顎下腺および舌下腺の分泌障害、聴覚過敏が起こる。聴覚過敏は、アブミ骨筋の麻痺によって耳小骨の振動を抑制できなくなり、患側で異常に大きな音に聞こえる。
  3. 膝神経節よりも中枢側に病変があると上記のすべての症状に加え、涙腺の分泌障害が起こる。この部分で完全麻痺が起こると、舌の前3分の2の味覚が永久に失われる事がある。SVA線維は再生できないためである。一方副交感節前線維は再生するが、その際しばしば誤った再生をすることがある。障害前は顎下神経節に向かっていた線維が翼口蓋神経節に向かって再生する事がある。この結果、食事などの唾液腺刺激に対して涙が出てしまう現象がある(ワニの涙症候群)。膝神経節が水痘・帯状疱疹ウイルスによって冒されるラムゼイ・ハント症候群では、耳痛や外耳道耳介水疱形成に続いて上記のような症状が現れる。

 

特発性末梢性顔面神経麻痺ベル麻痺、運動成分のみが麻痺する疾患)の病因はほとんどわかっていないが、顔面神経管内での何らかの原因による神経の腫脹によるものと考えられている。

 

中枢性顔面神経麻痺は、皮質延髄路や皮質網様体路など上位運動ニューロンの病変で起こる。中枢性末梢性の顔面神経麻痺の最大の鑑別点は、中枢性の場合は額のしわ寄せが保持でき、眼輪筋の麻痺も程度が軽いことである。これは顔面神経のうち顔面の上半分の表情筋だけは両側の大脳皮質に支配されているため、一側の中枢に病変があっても麻痺が起こらないのである。そのため、顔面神経麻痺がある場合、額のしわ寄せができなければ、鑑別診断の中から、大脳および中脳における脳梗塞などの脳血管障害はまず除外してよいことになるが、小脳橋角部から顔面神経運動核に至るまでの間で脳血管障害が起きた場合は、小脳橋角部は膝神経節よりも中枢側に位置するため、額のしわ寄せができなくなる上に、前述したような末梢性顔面神経麻痺の種々の症状が発現し得る。ただし、この場合はウイルス感染ではないため、ラムゼイ・ハント症候群にみられる外耳道や耳介の水疱形成は生じない。また顔面神経には情動性支配というものがあり、経路は未知であるが運動野とは別の中枢にも支配されているため、皮質延髄路の途中に病変がある場合でも感情的刺激には反応して健側と同じように表情筋が動かせることがある。

 

また、病院で治療を受けているけど、思ったほど回復せず、もう一生このままなのかとお思いの方もいらっしゃると思います。顔面神経麻痺になると、まず病院やクリニックなどで、現代医学的な治療を受けると思います。ほとんどの場合が、お医者さんから一定期間ステロイドの投与を受けるはずで、多くの方はこの治療によって症状が好転します。しかしながら、部分的に症状が残ってしまう場合があり、アデホスコーワ等の血流をよくする薬や、メチコバール等の神経の回復を早める目的で出されるビタミン剤を飲みながら、あとはただ経過観察をするだけになってしまいます。症状の改善のないまま、経過観察の間隔も次第に延ばされていかれる方がほとんどです。

当院ではこういった末梢性の顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)の方に対して効果的な鍼灸治療を行っております。

 

参考文献
・Parent, André, Carpenter’s human neuroanatomy, 9th ed. Media: Williams & Wilkins, 1996, pp.495-498. ISBN 0683067524
・田崎・斎藤著、坂井改訂『ベッドサイドの神経の診かた』改訂16版、南山堂、2004年 ISBN 9784525247164

 

 

顔面神経麻痺の鍼灸治療

●指圧の流れイメージ

ganmen02

ganmen03

●この症状に有効なツボの一覧

(1) 神庭(しんてい)
(2) 頭維(ずい)
(3) 陽白(ようはく)
(4) 攅竹(さんちく)
(5) 睛明(せいめい)
(6) 四白(しはく)
(7) 地倉(ちそう)
(8) 大迎(だいげい)
(9) 絲竹空(しちくくう)
(10) 瞳子髎(どうしりょう)
(11) 聴宮(ちょうきゅう)
(12) 翳風(えいふう)
(13) 頬車(きょうしゃ)

顔面神経麻痺でよく使用される治療ポイント

鍼灸治療には血流を改善する作用と筋肉の緊張を緩める作用があり、顔面麻痺を起こしている部分に対して、選択的かつ直接的な治療を行うことが可能です。顔面麻痺を残している部分は、人によって様々なのですが、当院で行う治療はひとりひとりに合わせたピンポイントの部分に行っていきます。その際、顔面の神経に対しても同時に治療していきます。

 

日本式の繊細な鍼を使用し、痛みを最小限に抑えています

ganmen04

当院では使い捨てタイプの安全な鍼を使用しています。また、当院では日本式の繊細に作られた鍼を使用するので痛みを最小限に抑えることができるので安心です。日本式の繊細な鍼の操作には高い技術が要求されます。

WHOの臨床試験報告レビューと分析に記載されている顔面神経麻痺と鍼灸治療について

WHO(2002年)の鍼灸の臨床試験報告レビューと分析によれば(※1)、顔面神経麻痺(Bell’s palsy)についても触れられており、その中では「治療効果をみせることがあり、さらなる試験が必要とされるもの」と分類されており、WHOでは顔面神経麻痺については研究途上であるものの、鍼灸治療が効果的であるという見解を示しています。

参考文献:
1Acupuncture: Review and Analysis of Reports on Controlled Clinical Trial(World Health Organization,2002)

 

顔面麻痺の治療期間と費用について

週に3回以上のペースで約2週間通っていただきます。また、期間には個人差がありますが、約2週間程度の間にほとんどの方に改善がみられます。顔面部のこわばりが残っている場合はもうしばらく治療を続けることをお奨めします。鍼治療は発症直後から早ければ早いほど良く効きます。ただ、2週間以内で鍼灸を選択される方は残念ながら少なく、数ヶ月経過、もしくは数年経過して選択される場合が多いのが現状です。しかし、治療を始めると、口角の動きや目の動きが改善され、長年の悩みを解決されて喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

 

鍼灸治療費用

整骨院の保険治療を受けている方は  1部負担金+1,000円(鍼治療代)

整骨院の保険治療を受けていない方は 初回3500円、2回目以降2500円

 

患者様からの声