佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

アトピー性皮膚炎に対しての鍼治療

アトピー性皮膚炎の原因も未だに把握されていないのが、現状

現代医学ではアトピー性皮膚炎を治療する様々な方法が研究されてきましたが、有効な特効薬や治療法は未だ見つかっておりません。そのため慢性的なアトピー性皮膚炎に悩む人が後を絶ちません。そればかりか、アトピー性皮膚炎の原因も未だに把握されていないのが、現状です。

一般的には皮膚の機能異常あるいは、 免疫力の低下により生じる症状と考えられています。皮膚の機能異常や免疫力が低下する原因は、遺伝的な要因と環境的な要因が主な原因と考えられていましたが、 近年、ストレス等による自律神経の乱れがアトピー性皮膚炎に、悪影響を及ぼすことがわかってきております。

発症の原因は、人によって様々です。 そのため、個人に合わせた治療がどうしても必要になるのです。東洋医学における鍼灸治療は、個人の体質に合わせた治療を行って自然治癒力を高め、 アトピー皮膚炎の症状が出ないように体質改善をしてくれます。これまでに様々な治療を受けても、治らなかったアトピー性皮膚炎が、鍼灸治療により始めて改善したという声も良く聞きます。西洋医学と鍼灸を組み合わせた治療による効果も認められています

「アトピー性皮膚炎」の症状について

•かゆみがある
•湿疹の状態と症状が現れる部位に特徴がある
乳児:主に顔や頭に発症。悪化すると、胸や背中、手や足にも広がるケースがある。
子供:首回り、肘、膝の裏側などの関節の内側にできやすい。
成人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に発症しやすい。
• 湿疹の慢性化:乳児では2ヵ月以上、子供や大人では6ヵ月以上が目安

皮膚は内臓の鏡である

東洋医学においては「皮膚は内臓の鏡である」という考えがあります。特に皮膚の治療は肺を整えることが基本です。

中国伝統医学の理論に、五行という考え方があります。自然界のすべての物や現象を、木、火、土、金、水という5種類の要素の特性や、相互関係、運動からとらえようとする考え方です。人間の体で五行に対応する考え方が、肝・心・脾・肺・腎の五臓といわれるもの。五臓はお互いに関連しあっていると考えます。

そのつながりのひとつに「肺は皮毛を主(つかさど)る」という言葉があり、これは皮膚や毛髪は肺がコントロールしているということを意味しています。実際の鍼灸の臨床現場では、肺を強くするための治療をすることで、アトピー性皮膚炎が改善されたという例が多くあります。

当院では肺経のツボと補助的に脾経や腎経のツボを使ってアトピー性皮膚炎を改善させています。アトピー性皮膚炎でお悩みの方は是非当院の鍼治療をお試し下さい。

DSC_0074

また、当院では補助的にみどりむしのサプリメントを販売していまして鍼治療と併用しますと相乗効果で症状がより早く改善するようなのでお薦めです。
次の写真は当院で治療された患者様の治療前、治療後の写真です。

DSC_0045