佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

不妊治療

不妊治療と東洋医学

不妊治療はいつ始める?

西洋医学による不妊治療の成功率は通常20%〜28%といわれています。当院には、自然妊娠を望まれる方はもちろん、高度生殖医療(不妊専門外来)を受診中の方も、鍼灸治療を併用する形で通院されています。不妊症の鍼灸治療に早すぎることはありません。
東洋医学で健康な心身という土台を作り、体にやさしい効果的な治療が可能になります。例えば体温が二相性にならず、黄体機能不全の治療をしても改善されない方は鍼灸治療で自律神経のバランスを整え、かつ自然治癒能力を高めることにより症状の改善が期待できます。また、鍼灸治療によってリラックス効果が期待できますので、不妊治療にともなうストレスをやわらげ、ホルモンバランスを整えます。

東洋医学・鍼灸治療で不妊症を克服

米国生殖医療学会誌(2002年4月号)に掲載された報告によると、体外受精(IVF)を受ける女性160人を2つのグループに分け、一方に体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を実施。もう一方のグループには、鍼治療をせず通常の体外受精を行った結果、鍼治療グループの妊娠率が42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回ったのでした。体外受精の妊娠率は、高くても3割程度とされていたので、これには世界中から鍼灸治療に関する問い合わせが殺到したそうです。
さらに、2008年2月7日 英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に掲載された記事によると、体外受精(IVF)を受ける女性が同時に鍼治療を受けると、妊娠の確率が65%高くなることが予備研究によって示されています 当院の不妊治療の実績としては3ヶ月から半年間、鍼灸治療を継続して受けることによって、約66%の患者様が妊娠に成功されています。

不妊治療

鍼灸治療によって妊娠率が向上する科学的な理由はまだ分かっていませんが、鍼灸治療は卵巣や子宮だけでなく全身の機能を改善し、結果的に子宮などの局所循環だけでなく、全身の血行循環やホルモンバランスをよくし、子宮内に胚が着床しやすい状態に導くことが推察されます

恵比寿鍼灸整骨院は既に多くの患者様を妊娠に導くことに成功しています。

当院では既に下記項目においては実績を得ております:

  • 卵巣機能向上による 質の良い卵の確保
  • 生理周期およびホルモンの調節により、多数の均一な卵胞の確保
  • 子宮への血行促進により子宮内膜の厚さを確保
  • 精神的ストレスの除去とリラックス効果
  • 子宮の早期収縮の防止
  • 流産の確率を下げる
  • 子宮外妊娠の確率を下げる

当院では自然妊娠を希望される方、人工授精(AIH),体外受精(IVF)を受ける準備をしている方など様々な患者様が通っておられます。また、40歳を超えて妊娠を望まれ、少しでも体調を整えたい方、また不妊症に悩む男性の方もお見えになっております。

鍼灸で妊娠力アップ

理想的な子宮環境を作り、妊娠力をアップする東洋医学の取り組み

西洋医学で一般的にいわれる理想的な子宮環境とは、「妊娠を阻害するような内膜症、筋腫がなく、排卵時に子宮内膜が10mm以上あること」だとされています。 しかし、子宮内膜に関しても色々な見解があり、厚さだけに固執する意味はないと思います。現に子宮外妊娠では内膜が薄い卵管に着床する訳ですから、内膜が薄いから妊娠しないともいえないのです。 また、子宮筋腫や内膜症があっても妊娠し、出産に至る方も大勢いらっしゃるのですから、それが妊娠を阻んでいる唯一の問題とはいえません。 ただし重度の場合は摘出しなければならないこともあるので、医療機関の検査や治療法を選択するケースももちろん存在します。 では、東洋医学的に理想とする子宮環境とはなんでしょうか。それは、いつも温かく、内膜のベッドがふかふかした子宮です。 その環境は、酸素と栄養を運んでくれる血液の循環が充分にあり、気の流れもスムーズであることによって保たれます。 畑にたとえると、ふっくらと充分に耕された土、よく染み込んだ肥料、やさしい雨が適度に土を湿らせ、太陽が心地よく畑を照らし、これから植えられるであろう種を待っている状態です。 抽象的なようですが、卵の気持ちになれば、このような子宮が発育に適した環境であることは感じていただけると思います。
東洋医学、鍼灸(はりきゅう、鍼灸)治療ではこの理想的な子宮環境を作るお手伝いができるのです。

良質な卵と理想的な子宮を作る、東洋医学のトータルアプローチ

東洋医学では、すべての病は気・血・水・飲食物が体内でスムーズに運ばれず、流れが停滞することによって起こると考えます。 それぞれの要素の停滞をあらわす病証があり、 瘀血 (血の停滞)、痰飲(余分な水分の貯蓄)、食積(不消化物の停滞)、気滞(気の停滞)などと呼ばれます。

瘀血(おけつ)、 (血の停滞)、痰飲(余分な水分の貯蓄)が起こる原因のほとんどは、“冷え”だといっても過言ではないと思います。寒い冬の日、指先がかじかんでうまく動かせないように、冷えて冷たくなったところには血行不良が起こり、思うように機能を果たせなくなります。体も同じように冷えによって循環不全が起き、それが様々な体の不調の原因となります。 冷え性だという自覚がある方はもちろん、「自分は冷えを感じない」とおっしゃる方も、足先や膝を触ってみてください。自覚はなくても、ひんやりしていることに驚かれる方も多いのです。特にお腹

や腰の冷えは不妊症にとっては大敵です。脇の下に差し込んだ手のひらをおヘソの辺りや下腹、おしり、腰などに当ててみて「冷たい」と感じるなら、冷えが体の奥にまで及んでいる可能性が大いにあります。脇の下の体温は深部体温に最も近いところです。だからこそここに体温計をはさむのですが、洋服で覆っているにもかかわらず冷たいお腹や腰は、冷えが深刻であることを示しています。 そのほか、寝起きがすっきりしない、朝から体がだるい、よく風邪を引く、生理痛がひどい、顔色が悪い、肩こりがひどい、腰痛があるなどの症状は、体の不調を現すバロメーターでもあります。長期的に続くようでしたらライフスタイルを改める必要があります。
生活様式の変化により、現代人は“冷え”やすい環境におかれています。知らず知らずのうちに日本人はどんどん冷えているのです。

鍼灸治療によって妊娠力をアップし、成功率を向上させます

鍼灸治療では、鍼灸治療で体を温めることによって血行をよくし、気の流れを整えることができます。高度生殖医療の成功率は、一回につき20%前後だと言われています。科学の力をもってしても、それが限界だということです。しかし、鍼灸治療によってよい卵、よい子宮環境が得られれば、確率を上げていくことができるのです。 なにより、鍼灸治療によりご自分の体調がよくなっていくのを感じることができるでしょう。最先端の高度生殖医療と2000年の歴史を持つとも言われる鍼灸治療は、実は非常に相性がよく、是非みなさまにおすすめしたいと思います。

鍼灸が不妊に良い理由

子供を欲しいと望んでも、なかなか出来ない…。不妊に悩むカップルは年々増え続けています。 主な原因としては結婚年齢の上昇はもちろん現代のストレス社会において男女共に妊娠しづらい環境であることが挙げられます。

そのような中、なかなか妊娠に至らないご夫婦の多くが不妊専門のクリニック(西洋医学)を訪れて不妊症の治療を開始しています。不妊症には西洋医学的な各種検査をして、卵管のつまり・排卵の障害・ホルモン値など、検査で不妊の原因がはっき

り分かる【器質性不妊】と、検査をしても特に異常のない【機能性不妊】があります。器質性不妊は、薬、手術など治療をすることが出来ますが、西洋医学的には原因がはっきりしない機能性不妊の場合は明確な目的をもっての治療を行なうことが難しい場合が多いのです。

また、不妊治療の第一歩となるクロミッドなどの排卵誘発剤やその他の薬もホルモン剤などが多く、副作用として【子宮内膜が薄くなる】、【月経量が少なくなる】などの影響があって不妊治療によってさらに妊娠しづらくなってしまうという矛盾が生じてしまうことがあります。そういった強い薬は長く服用すると肝臓にも負担がかかりますし、治療期間が長引くとステップアップ(タイミング指導→人工授精→体外受精)とともに経済的な負担もかなりのものになります。 各種検査も健康保険の利かない身体に辛い検査もあります。仕事をしながらクリニックの通院をするなど時間のやりくりも大変で、それはステップアップとともにさらに強くなっていきます。

不妊症専門クリニックがインターネットなどで発表している【妊娠率】の高さは素晴らしいものがあります。しかし不妊症患者さんの一番の目標は【妊娠すること】ではなく【出産すること】のはずです。実際のところ不妊専門クリニックで【生児出産率】まで発表しているところは少なく、不妊症専門施設では分娩設備があるところというのは少ないため、【妊娠率と出産率は違う!】と言うのが現状です。

受精、着床がうまくいってもそこから【妊娠を継続する】というのが、また一つの試練なのです。実際に胎のうを確認できた後でも、仕事のストレスや不規則な日常生活などが原因で、血流や体の冷えが増悪してしまうことで残念ながら流産してしまうケースも多くみられます。

妊娠を維持、継続していくためには、母体そのものの免疫力や内臓機能を上げて、赤ちゃんにしっかりと栄養が行き渡るようにしてあげることが大切です。副作用のない東洋医学の治療(鍼灸治療)は、妊娠前後でも全く問題なく行なっていくことができます。

不妊クリニックの治療で排卵を誘発してホルモンの分泌をよくしても、筋肉が硬かったり血管が硬かったり、血流が悪い状態であれば血液によって運ばれる栄養や酸素は不足し、内臓の働きやホルモンバランスに影響します。また、足が冷えて血液が冷えているような状態では骨盤内も冷えてしまい、子宮や卵巣の働きは低下してしまいます。

鍼灸は実は不妊症の体質改善には非常に高い効果があり、崩れている身体のバランスを整えて本来持っている自然治癒力を高めます。1979年には世界保健機構(WHO)で鍼灸の適応疾患が認められ、その中には月経不順や冷え性、そして【不妊】も含まれています。