佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

肘部管症候群(尺骨神経麻痺)

肘部管症候群

肘部管症候群とは

01

尺骨神経は内側上腕二頭筋溝中および下部の内側筋間中隔の後ろを通って下り、肘のところでは上腕骨内側上顆の後部の尺骨神経溝を通り、尺側手根屈筋の上腕頭と尺骨頭の間を通って筋の下に入り、手関節掌側の尺側へと向かっている。

この尺側手根屈筋の二頭の間には線維性筋膜(腱弓)が張っており、肘部管を形成している。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に疼痛や麻痺が発生します。ここでの圧迫(絞扼)によって、これより末梢の尺骨神経支配領域の疼痛・知覚異常・運動障害などを生じるものが肘部管症候群であります。

原因は何か

圧迫の原因には、トンネルに骨棘(こつきょく)や靭帯や軟部組織の肥厚、トンネル内外にできた腫瘍やガングリオンなどの腫瘤があります。

神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折や加齢によって生じた外反肘(がいはんちゅう)(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)や 野球や柔道などのスポーツ外傷や尺骨神経の脱臼などによる圧迫・摩擦・牽引などがあります。

image001

症状の現れ方

image002

症状は、絞扼部位が尺骨神経管(ギオン管)よりも中枢であるので、尺骨神経症候群に比べて広範囲に現れます。即ち、疼痛や知覚障害は薬指尺側と小指の掌側だけでなく、前腕で分枝した尺骨神経掌枝が分布する小指球部、手背枝が分布する手背尺側にも出現します。運動障害は手の固有筋だけでなく、薬指と小指の深指屈筋・尺側手根屈筋も支配しているので、薬指と小指の末節の屈曲と手関節の掌尺屈も障害されますそのために、手は鷲手を呈するようになる。

検査と診断

  • 肘関節内側の後ろの肘部管をたたくと、痛みが指先にひびくチネル徴候がみられます。
  • ハガキ等の紙を患者さんの親指と人差し指の間に挟んで検者が引っぱると、親指を曲げないと引き抜かれてしまうフローマンテストが陽性になります。
  • 肘の変形がある場合には、X線(レントゲン)検査で肘の外反変形や関節の隙間の狭いことがわかります。

image003

治療の方法

鍼灸治療

肘部管に沿って電気鍼でパルス通電するのが有効です。当院ではそれに超音波治療と高周波治療(スーパーテクトロン)を加療することで効果を上げています。

西洋医学治療

初期で痛みが軽い場合は、肘を安静にして、消炎鎮痛薬やビタミンB剤を内服する保存療法になります。これらの保存療法が効かないか、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。

神経のテンションが強い場合は、上腕骨内側上顆を削ったり、神経を前方に移動させます。外反肘変形により神経が引っ張られている場合は、矯正(きょうせい)骨切り術といって、骨を切って変形を矯正し、神経麻痺を治すこともあります。

肘部管は非常に狭いので手術が必要になることが多く、筋肉に痩せ細りが出る前に手術をすると、予後は良好です。