佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

腰椎椎間板ヘルニア

002

椎間板ヘルニアは椎間板の一部の髄核が正常の椎間腔を超えて突出した状態である。

椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在している。椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成る。この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアである。

髄核の突出は髄核が後方へ押しやられるように椎間板の前部が圧縮されたときに起こりやすい。特に重量物を持ち上げたときやスポーツが誘因になって起こることが多い。髄核の突出は、通常、椎間板の退行性変性を基盤として起こり、年齢は20~40歳代に多く発症するが、10代後半が最も多い。これは身体の水分量が多い世代で、激しいスポーツをする年代であるからだと思われる。年齢が高くなるとともに椎間板の退行性変性が進み、水分を失って硬くなると、髄核の脱出はかえって起こりにくくなるので50代以上には腰椎椎間板ヘルニアは少ない。

003

 

症状

001疼痛の初期は腰痛のことが多いが、のちに坐骨神経痛となりやすい。しかし、まれではあるが、上部の腰椎間での後外側方への脱出による上部腰神経根の圧迫によって大腿神経痛をきたすこともある。

腰を前屈すると椎間板の前部が圧縮され、髄核の後方への突出が強まって疼痛が増強するため、前屈動作を避けようとする。後屈によっても疼痛が増強することが多い。また、咳やくしゃみによっても疼痛が増強する。

理学的所見

腰椎の前屈・後屈制限、腰椎前弯の減少または消失、坐骨神経痛性側弯、棘突起の圧痛・叩打痛など

神経学的所見

004坐骨神経に沿った圧痛(バレーの圧痛点)、臀部の外上部1/4の部(上殿神経)の圧痛、坐骨神経の刺激状態を見る下肢伸展挙上テストすなわちSLRが陽性、ラセーグ徴候(股関節を90度屈曲し、膝を伸展するとき、下肢後面の疼痛を発して不可能になるとき陽性)が陽性など

治療

高度の筋力低下、知覚脱出、膀胱直腸障害などがみられる場合を除き、安静を基本とした保存療法が行われている。

当院でも安静を基本とし、鍼灸治療は椎骨周囲にパルス通電をして軟部組織の緊張を緩めて椎間板の圧縮を軽減するような治療を行ないます。また高周波治療器や手技による姿勢矯正などを組み合わせて治療効果を上げています。