佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、何らかの原因によって坐骨神経が圧迫・刺激され、坐骨神経が 通っている部分に痛みや痺れなどが生じる症状のことで、病名というわけではありません。坐骨神経痛の原因は主に、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離、すべり症などです。また、まれなケースとして腫瘍によって坐骨神経痛が引き起こされるということがあります。

坐骨神経痛はMRIでわかるのですか?

image001

坐骨神経痛の原因の中には、MRIでは判別できないものもあります。MRIでは分からないものとして、梨状筋症候群というものがあります。梨状筋とはお尻にある筋肉のひとつで、坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。梨状筋はスポーツや仕事などで腰や股関節に負担がかかり続けると坐骨神経を圧迫し、 坐骨神経を引き起こします。梨状筋症候群が原因での坐骨神経痛には、鍼灸治療が効果的です。

坐骨神経痛の原因

image002坐骨神経痛の原因は年齢により異なりますが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群が挙げられます。
梨状筋は股関節を足先を外に向けさせる働きがあり、仙骨から足の付け根に付いています。この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、脊柱管狭窄症とは腰椎が老化などにより変形し、脊柱管が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。

主な特徴は”間欠性跛行”という症状で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛みやしびれなどが出現しますが、しばらく休息をとると再び歩行ができます。

また帯状疱疹(一度水痘になると、例え水痘が治癒しても水痘のウイルスが神経節の中に潜伏している状態が続き、ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって再活性化すること)により坐骨神経痛を発症する場合もあります。

最近増えてきているのが椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛です。これは腰椎の椎骨の間にある椎間板(衝撃吸収材)が限界を超えてしまい、外に飛び出してしまった 状態(ヘルニア)を指します。

飛び出た椎間板が脊椎に走る神経束を圧迫してしまい、 結果的に圧迫された神経に対応する部分が痺れてしまい、つまりは直接の痛みの原因となります。

ヘルニヤが長期的に神経根を圧迫してしまうと、やがて炎症を起こし神経根状態になります。そして神経根炎が長期に渡ると周辺の繊維化や癒着が起こり、変性した神経組織は元の状態に回復することが不可能になります。

坐骨神経痛の治療法

検査で坐骨神経痛の原因が確認できたら、患部の状態に応じた治療が行われます。すぐに手術というイメージがあるかもしれませんが、排尿障害や排便障害などの重篤な症状が見られない場合は手術ではなく、まずは別の方法で治療を始めます。

まずは保存療法と呼ばれる下記のよう治療法があります。保存療法を3ヶ月続けても日常生活に支障があり、症状に変化が見られない場合、改めて手術が検討されることがあります。 

■ 鍼灸治療

梨状筋症候群の臨床経験

梨状筋症候群の鍼灸臨床経験:当院では、多くの梨状筋症候群患者の症状を回復させてきました。今も多くの梨状筋症候群患者が通っていらっしゃいます。梨状筋症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、梨状筋症候群患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の梨状筋症候群患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
梨状筋症候群の場合、保存的治療(手術をしない)が原則。鍼灸治療が効果的です

梨状筋症候群の鍼灸治療のメカリズム

image003

治療法:臀部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけて、神経の伝達を通じ梨状筋の緊張を回復する仕組みです。

治療の実際様子と流れ

image004

  1. 【坐骨神経痛の電気鍼】:特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 動脈の血流量が増え、局部の血管が拡張し、十分に血液が供給される状態で、乳酸などの疲労物質や炎症物質を押し流し、梨状筋の筋緊張や炎症を修復します。
  4. 神経の痛み信号の伝達を遮断することによって、脊髄の傷害性刺激信号に対して の反応を抑制します。
  5. 脳の鎮痛システムを興奮することによって、鎮痛効果を発揮します。

 

■ 物理療法

血流を改善させて体を動かすための機能回復を図る治療法。ホットパックなどの温熱やマイクロウェーブ、マッサージなどで血流を促進させ、筋肉の緊張を緩和させます。また、骨盤を引っ張ることで腰椎を引き伸ばし、症状をやわらげる「牽引療法」を併せて行うことも。腰部の彎曲に変化を与え腰部筋肉の過剰な緊張を緩和させるのが目的です。

■ 装具療法(コルセット)

症状に応じてコルセットを装着する治療法。医師の指示で正しくコルセットを使用することで、腰を支える不安定な状態を補助し、同時に坐骨神経痛の出る姿勢にならないよう動きを制限することができます。

コルセットをすると安心感が出るため、常にコルセットを着けていたいと思う人もいるようですが、長期間の使用は腰を支える筋肉の働きが低下するリスクもあるので、医師の指示で症状の強い期間に限定して使用することが多いです。

image005

我流の運動療法では逆効果のこともあるので、必ず医師の指導のもと行いましょう

■ 運動療法

安静にする期間を経て症状が軽くなってから行います。体操・ストレッチにより筋肉・靭帯の硬さを和らげ、関節が本来の可動性を取り戻し、症状を軽減させる治療法。

腰の状態により運動内容が異なるので、医師の指導を受けて行いましょう。運動療法は1回行えば即効果が出るものではないため、焦らずコツコツ続けることが大切。

■ 薬物療法

坐骨神経痛の原因によっては薬物療法を行うことも。主な薬は以下の通り。

  • 消炎鎮痛剤……痛みと炎症を鎮める非ステロイド系の薬。内服薬と座薬がある
  • 筋緊張弛緩薬……筋肉の緊張で痛みが長引かないよう、緊張を和らげる薬
  • 末梢循環改善薬……神経組織周辺の血流を改善させ痛みを和らげる薬
  • プロスタグランディン……腰部脊柱管狭窄症の場合、血管を広げ血流を良くする薬
  • ビタミンB12……末梢神経の傷を修復し、神経機能を安定させる薬
  • 温湿布・冷湿布……痛みを和らげるための外用薬

特に外用薬である湿布は,
病院の処方がなくても自己判断で使用している人が多いようです。購入時には薬剤師に症状を説明し、相談することをお勧めします。

■ 神経ブロック療法

強い痛みが続いたり、理学療法や内服薬などで効果が見られない場合に選択されることがある「神経ブロック療法」。交感神経の働きが優位になり続けると血管が収縮して筋肉が硬くなり、血流低下から慢性的な痛みが起こる恐れがあるので、神経ブロックによりそれを防ぎます。痛みを専門に扱うペインクリニックでは、神経ブロック療法を中心に,
他の療法を組み合わせる治療方針を打ち出しているところが多いようです。

神経ブロックの方法は約25種類。神経や神経周辺の組織に麻酔薬を注射し、一時的に脳へ痛みを伝える神経の信号伝達を遮断。痛みに関与している交感神経の緊張を緩和させる方法が一般的です。

局所麻酔薬の他、症状に応じてステロイド剤(副腎皮質ホルモン)も注射する場合があります。血流回復で痛みの産生物質がなくなることで、そのまま症状が軽くなるケースもあります。

image006

保存療法で改善されなければ、手術が選択されるケースも

■ 手術

すぐに手術が検討される症状は、排尿・排便障害や強い麻痺が見られ、ほとんど歩くことができないなど、日常生活に大きな影響が出ていて、上記の保存療法では改善の見込みがない場合。

また、保存療法と薬物療法を約3ヶ月続けても変化が思わしくない場合も手術が検討されます。

腰部脊柱管狭窄症が原因の場合、狭窄を起こしている部位の骨や靭帯を切除するなど、手術の方法も様々。状態により内視鏡手術を行うこともあります。

椎間板ヘルニアで手術が必要な場合も、ヘルニアを切除する方法の他、管を挿入し器具を使用しながら髄核(椎間板の中央にあるゼリー状の物質)を摘出する方法など、複数の手術法があります。

患者様からの声

坐骨神経痛が無くなりました

customer坐骨神経痛のK.S様  30代  女性
私は数年前から腰に疲労がたまるとすぐ坐骨神経痛が出るのを繰り返していて悩んでいました。

それが恵比寿さんで治療を受けてから無くなりなした。それ以来、助けて欲しい時はやっぱり恵比寿さんです。

フルマラソンを走って以来、坐骨神経痛に悩んでいました。

DSC_0140マラソンランナー R.T 様 50才 女性

フルマラソンを走って以来、坐骨神経痛に悩んでいました。痛みが1ヶ月経っても治らず、寝ている時にも痛んでいましたが、こちらにお世話になって一週間で随分良くなりました。しばらく、マラソンの練習を控えていましたが、 そろそろ再開出来そうです。ありがとうございました。

骨盤のズレから治して頂いて、治療後はスッキリします。

S . T 様 女性 42才 ebisu05 長いことお世話になっています。以前は両足の坐骨神経痛で鍼治療をしてもらい、今ではすっかり良くなりました。今は頸部痛と肩痛からくる頭痛とめまいで通院中です。骨盤のズレから治して頂いて、治療後はスッキリします。S . T 様 女性 42才

長いことお世話になっています。以前は両足の坐骨神経痛で鍼治療をしてもらい、今ではすっかり良くなりました。今は頸部痛と肩痛からくる頭痛とめまいで通院中です。骨盤のズレから治して頂いて、治療後はスッキリします。

知人の紹介で坐骨神経痛と耳鳴りと めまいの治療にこちらにお世話になり耳鳴りとめまいが改善されたみたいです。

知人の紹介で坐骨神経痛と耳鳴りと めまいの治療にこちらにお世話になり4日程ですイニシャル H.I 様 女性 60才

知人の紹介で坐骨神経痛と耳鳴りと めまいの治療にこちらにお世話になり4日程ですが、耳鳴り と めまい が、改善されたみたいです。

昨日は左足の痛みがとれ、足のしびれがもう少し残っていますが、良くなることを楽しみにしています。

両足のしびれが最近良好です!

両足のしびれが最近良好です!三日月町 主婦 イニシャル M.N様

60代の主婦です。趣味でラージボール卓球をやっていて若い頃から左足に痛みを感じていて次第に両足にしびれを感じはじめ卓球仲間から紹介されて来ています。

治療が済み帰る頃はスッキリとなり、とっても良好です。先生やスタッフの方もとっても感じが良くてちょっと具合が悪くなると直ぐ治療に行きたくなります。