佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

image001

腸脛靭帯は膝関節を越えて脛骨外側顆(ガーディ結節)に付着しているが、大腿骨外側上顆の上方では、大腿骨粗線および外側筋間中隔に線維を送って結合している。
しかし、完全な固定ではなく少し移動性があり、膝の屈伸運動時に大腿外側上顆および外側顆の外側面上を滑動するために、膝関節の過剰な運動による摩擦の反復によって炎症を起こすことがある。
運動時の痛み、時には安静時痛を訴え、局所の圧痛がみられる。また、同時に大腿外側の腸脛靭帯全体に緊張や圧痛がみられることが多い。

原因

◯オーバーユース738789

◯練習環境による影響

◯走行フォーム

◯靴の外側がすり減っている

◯O脚(外側に体重が乗りやすい)

 

治療

まず安静にするに越したことないのですが、マラソンに耐えられる足を作っていかないと、練習を再開する度に痛めることになります。

そこで、原因がオーバーユースの場合は疼痛が軽減するまでランニングの距離を短めにしてスピードもスローペースで調整して下さい。疼痛が軽減したら、ロング・スロー・ディスタンスでやや長い距離をスローペースで走れるように練習しましょう。

そして、徐々にスピード練習を加えていきましょう。下り坂でスピードを出したり、傾斜のある歩道を長く走るのは避けましょう。痛みがある間はスキーやスノボも避けた方が良いでしょう。

当院では治療として急性期はアイシングをすると予後が良いです。

それから大腿筋膜張筋から腸脛靭帯・ガーディ結節にかけての緊張をとる為に手技による筋膜リリースと高周波治療器と症状により局所に鍼治療を組み合わせて治療します。

場合によってはO脚矯正も施します。ランナー膝でお悩みの方は是非、当院に御相談下さい。