佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

足底筋(腱)膜炎

はじめに、走れば走るほど、足の裏が痛くなるスポーツ障害を知っていますか? 足底筋(腱)膜炎は、マラソンなどの競技者に多く見られる、ランニング動作の繰り返しやラグビーや相撲の様な踏ん張ることによる障害で、足底部のオーバーユースを原因として発症しやすいものです。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い。

原因

足底筋膜は踵骨隆起から起こり、足底の筋を包んでいる強靭な筋膜で、足部のアーチを保持しています。スプリングのように荷重時にショックを吸収する役目がありますが、そのためランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかる場合、足底筋膜は繰り返しの牽引刺激によって微小断裂を起こして炎症を起こしやすくなります。 路面接地時には足底筋膜はアキレス腱によって牽引され伸張されます。また足部のアライメントも重要で、扁平足の競技者は回内足を合併しやすく、中央部の土踏まずに疼痛が出現やすいです。また、老化によるアーチの低下なども原因となります。反対に、ハイアーチ(甲高)では柔軟性が乏しく、筋膜を損傷しやすい傾向があります。また、スポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症することがある。厚底靴の使用でも生じる場合があります。対策としてはシューズの変更(ヒールアップが望ましい)などがあります。

症状

IMG_7874

荷重時の足底部痛は、(1)筋膜の付着部である踵骨前部の筋膜起始部に最も多く発生し、続いて(2)中央部(土踏まず)、(3)遠位部の3ヵ所が好発部位です。特に起床時や練習開始時に痛みが出やすい傾向があります。機能面では下腿と踵骨軸のなすアライメント(heel-leg alignment)が回内(中央部の疼痛)か、回外(起始部の疼痛)かをチェックして補正しましょう。練習開始時には入念なストレッチを行ってからランニングをしましょう。  特に足底部内側の足底筋膜起始部は、脛骨神経の分枝である外側足底神経が介在していて、硬くなった筋膜に拘扼されたり、微小断裂のために圧痛、腫張が、時に硬結(しこり)が認められます。

image002

横から見ると、足底腱膜という土踏まずを作る腱が踵の部分についていることがわかります。

足底腱膜部は中央部が特に緊張して、足の土踏まずを作っています。ところが、繰り返し足底腱膜部分にストレスがかかると、踵骨とつながっている部分で引っ張り合うような力がかかり、炎症を起こしてしまいます。

治療

一般治療は安静と筋膜付着部への局所麻酔、歩行の際には靴の踵の下にスポンジゴムなど入れて踵を少し上げ、筋膜の緊張を少なくすることなどが行われる。

当院では患部に超音波・高周波などの物理療法や鍼灸治療を行い、痛みを和らげます。鍼灸治療は消炎・鎮痛を目的に局所に刺鍼を行って効果を上げています。

スポーツ現場では、テーピングや足底板使用などによって足底部のアーチ形態を機能的、解剖的に補正して、ショックを和らげます。  保存療法に難渋して踵骨付着部の骨棘〈こつきょく〉による疼痛が強い場合は、骨棘の骨切除術を行う場合もあります。急性期におけるトレーニングの基本は、やはり非荷重運動を行うことです。リハビリ初期にはプール歩行やエアロバイクを積極的に取り入れましょう。

image003
【足底筋膜炎を起こしたかかとの骨】

テーピングの貼り方

IMG_7872

ご自分でも簡単にテーピングできますので、この説明を見ながら、やってみてください。

IMG_7876

①まず、横アーチをサポートするように伸縮テープを貼ります。

IMG_7877

②土踏まずの縦アーチをサポートするように、伸縮テープを巻きます。

IMG_7879

③足の外側から踵を通り土踏まずの中央に巻きます。2本目は少しずらして巻きます。

IMG_7880

④足の内側から踵を通り土踏まずの中央に巻きます。

土踏まずの中央あたりで先ほどのテープと×になるようにあと2本の伸縮テープを巻きます。

IMG_7881

⑤今度は踵の近くから、外から内に向かって、横に並行してテープを巻きます。

⑥最後に伸縮テープを上に張ります。痛みの強い時や、しっかりとアーチを保持したいときに有効です!

 

原因と対処方法

足底筋膜炎の原因は、トレーニング量の増加や体重の増加による足底筋膜への負担の増加(オーバーユース)が主なものですが、扁平足やハイアーチ、回内足、足底の筋力や柔軟性の低下などもその原因となります。 症状が悪化すると手術が必要となる場合もありますので、適切な対応が必要です。マラソンの有森裕子選手が、足底筋膜炎により両足を手術したというのは有名な話です。 足底筋膜炎の対処方法として、足底に負担のかかるトレーニングを一時中断しなければならない場合があります。ドクターに診断してもらってトレーニングの中止か軽減か、そして復帰の時期などを相談していただきたいと思います。炎症や痛みがある間はアイシングを十分に行いましょう。 ランニングを一時中断する必要がある場合は、プールでのトレーニングや自転車など足底に負担がかからないもので心肺持久力の低下を防ぎます。泳ぐことができない選手には、浮き具を利用した水中のランニングが、足には水の抵抗のみの負担となるため有効です。身体を斜めにして足をプールの底につけずに、ランニングと同じ動作をします。足の裏で水をとらえて前に進みます。

自分でストレッチを行うときは良い方の手で、悪い方の足をストレッチしてください。この状態では、足のアーチが高くなります。この現象を巻き上げ機現象(Windlass mechanisum)といいます。こうやって、ストレッチをすることが治療方法になります。緊張を強いられている足底筋膜を緩めることが治療につながるのです。

靴が原因になっている場合もあるので、土踏まずをサポートするようなランニングシューズが適していると思います。足指が曲がらないような硬い靴は、お勧めできません。

image008

image009