佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

梨状筋症候群

 

梨状筋症候群とは

大殿筋の下の深いところにある梨状筋というお尻の筋肉で坐骨神経が圧迫されることにより、臀部から下肢にかけて痺れや疼痛が出現する絞扼神経障害を梨状筋症候群といいます。職種としては看護師・介護士・美容師・工場のライン作業員等の立ち仕事・脚立の上の作業が多い仕事・とび職・長距離運転手に多いです。

病院などでのMRIやレントゲン検査では中々初めから梨状筋症候群と診断されることはまずありません。坐骨神経痛やヘルニアと診断されることが多く、治療の過程で改善が見られなく梨状筋症候群が疑われることが多いです。

image001

梨状筋症候群の症状は以下のものが挙げられます。

  • お尻の頬っぺた、大腿部後面、膝裏、ふくらはぎ、足底まで痺れが起こる。
  • 長時間座っていると悪化することが多い。
  • 立ちっぱなしで悪化することが多い。
  • 長歩きで悪化することが多い。
  • 痺れは『鋭い』、『ビリビリ』、『電流が走るような』、『灼熱感』などと感じることが多い。

治療

安静、NSAIDSなどの痛み止め、筋弛緩薬、梨状筋ストレッチの治療が一般的である。これらの効果が無効の場合は梨状筋ブロックとい神経ブロックを行う。

鍼灸治療では梨状筋周囲の小野寺臀部点等や膝窩の委中・陽陵泉の裏・足三里等の局所に電気鍼でパルス通電治療を行う。当院では、それにプラスして高周波治療(スーパーテクトロン)と骨盤矯正・下肢長矯正を行って効果を上げています。

患者様からの声

両足のしびれが最近良好です!

両足のしびれが最近良好です!三日月町 主婦 イニシャル M.N様

60代の主婦です。趣味でラージボール卓球をやっていて若い頃から左足に痛みを感じていて次第に両足にしびれを感じはじめ卓球仲間から紹介されて来ています。

治療が済み帰る頃はスッキリとなり、とっても良好です。先生やスタッフの方もとっても感じが良くてちょっと具合が悪くなると直ぐ治療に行きたくなります。

腰部脊柱管狭窄症と言われ悩んでいました。

IMG_1495イニシャルH.S様 女性68歳

腰部脊柱管狭窄症といわれて悩んでいたが、こちらで治療していただき、仕事もボチボチできるようになり楽になりました。