佐賀市の整骨院・整体なら恵比寿鍼灸整骨院

ヘッダー電話

テニス肘・ゴルフ肘

テニス肘、ゴルフ肘とは?

前腕の回外・回内運動、手関節の背屈運動を反復するようなスポーツや仕事によって、前腕伸筋群の腱起始部である上腕外側上顆に炎症をきたすことがあり(上腕外側上顆炎)、肘の外側の痛み、あるいは上腕外側や前腕外側ないし後面にまで及ぶ痛みを訴えます。

これは中年のテニス選手やゴルフ選手に後発することからテニス肘(tennis elbow)とかゴルフ肘(golf elbow)とも呼ばれますが、厳密には肘外側のみの疼痛を訴えるとは限らず、肘の内側の疼痛を訴えることもあり(上腕骨内側上顆炎)、肘関節内の病変を伴うこともあります。

一般的にはテニス肘は、外側(親指側)に、ゴルフ肘は内側(小指側)に痛みが発生することが多いようです。

上腕骨外側上顆の痛みは、上腕骨外側上顆から起始する前腕伸筋群、特に短橈側手根伸筋の牽引によって、起始部の筋膜や骨膜の微小な部分断裂および炎症を起こしていることによります。

テニスのほか、ボウリングやゴルフなどのスポーツをする人・農家・大工・工員など、前腕の回外、手関節の背屈運動を反復する仕事に従事している者に発症します。

症状

tennis01tennis02

症状は疼痛(特に手関節背屈 、前腕の回外運動の際)のほか、上腕骨内側上顆の腱起始部の強い圧痛および起始腱の圧痛がみられます。伸筋筋腹(主に長・短橈側手根筋)の圧痛を認めることもあります。

また、腕橈関節裂隙や橈骨頭部(橈骨輪状靭帯)に圧痛を認めることもあります。上腕骨外側上顆部の疼痛は抵抗運動によって増強します。

すなわち、肘関節伸展位で手背に加えた抵抗に逆らって手関節を背屈させたり、肘伸展前腕回内位(手掌を下に向けた状態)で椅子を持ち上げさせたり(チェアーtest)、中指背に加えた抵抗に逆らって指を伸展させると激痛を訴えます(中指伸展test)。

治療

治療はオーバーユースを控え、安静を保つことが最も大切です。重症の場合は手関節の固定が必要になります。また、熱感(炎症)が強い場合はアイシングや湿布を行います。

当院では鍼灸治療は、上腕骨外側上顆腱起始部とその上方の長橈側手根伸筋腱起始部の外側筋間中隔の置鍼+パルス通電。もしも、上腕骨内側上顆や腕橈関節部にも圧痛や疼痛が認められるときは、そこにも置鍼+パルス通電をします。

鍼灸以外の治療としては高周波や超音波の電気治療と熟練した手技治療も行って治療効果を上げています。テニス肘・ゴルフ肘でお悩みの方は是非、恵比寿鍼灸整骨院にお越しください。

 

 

患者様からの声

ゴルフの練習後とか、プレー前に通院して楽しくゴルフが出来ています。

永年ゴルフをやっていますが、両方のゴルフ肘と左親指を痛めて通院しています。S.Y 様 68歳 男性

永年ゴルフをやっていますが、両方のゴルフ肘と左親指を痛めて通院しています。

ゴルフの練習後とか、プレー前に通院して楽しくゴルフが出来ています。